何でも屋についてもっと知ろう!

何でも屋とはどういう意味か

何でも屋とはどういう意味か

何でも屋とは必要なときに必要な用事をやってくれる職業のことを指し、一般には便利屋として知られ、よろずやと呼ばれることもあります。
何でも屋は何でもやりますという意味があり、1つの専門に特化することなく受け持つ範囲が広いところに特徴があります。
何でも屋は別名代行サービスとも呼ばれ、本人が用事を足すことができない場合に本人に代わってこれを行ってくれるところからこう呼ばれています。
これをやるには別に特別な資格も必要なく、又、始めるに当たっては最小限の道具さえ揃えておけば費用もかからず誰でも自宅を本拠として始めることが出来るとされています。
資格が必要ないといっても産業廃棄物の処理のような場合には簡単に片づけを行うことができず、法律内容を知った上で専門の業者に渡さなければ法律違反になる場合もありますので注意を要します。
一般的に知られている業務内容では、墓参や雑草抜きの代行、家庭内における掃除や炊事、片付け、家具の移動などがあります。
又、葬儀への代行参列や遺品の整理、障子や襖の張り替え、雨どいの修理や外回りの補修塗装、庭木の刈り込みや剪定作業、その他範囲は広くあります。
本人が疲れていたり忙しくて時間が取れない、あるいは病気であるという場合に期限があったりすると本人に代わってやってくれるところに意味があります。

何でも頼める、何でも屋への依頼内容

何でも屋への依頼内容は多岐にわたり、可能な限り様々な業務を引き受けてくれます。
一般的なところで言うと、引越し作業、不用品の処分などの力仕事や、運搬業務。
特別な事情があって夜中に引っ越したい場合や、周りに気付かれたくない場合などに特に何でも屋が利用されます。
買い物や、行列に並ぶ、行事への出席、犬の散歩など、日常の大小様々な事を代わりに行う、代行業務。
不倫や浮気などの疑いがある時に多く依頼され、その証拠をつかむ、または潔白を証明する事ができる、素行調査や身辺調査。
出会い工作や別れ工作、復縁工作では、何でも屋は架空の人物となり、ターゲットの人生に深く入り込む事で、目的の達成を目指します。
アリバイ作り、言い訳のタネなどの目的です行われる、電話による工作や代行業務もあり、ターゲットの心理面の分析してまでを行った専門性の高い業務と言えます。
この他にも、何でも屋は依頼内容によってどんな事でも引き受けてくれます。