何でも屋についてもっと知ろう!

開業資金の要らない何でも屋

開業資金の要らない何でも屋

何でも屋の開業に際し、他の個人商店の開業と違って、資金は必要ありません。
何でも屋は日常生活の中で、掃除や庭の手入れ、買い物の代行など、自分でするには大変だけどプロに頼むような専門的でない事から、ペットの散歩やお年寄りの話し相手などといったものまで多岐にわたることを請け負う仕事です。
依頼は電話一本あれば請け負うことができますし、専用の固定電話を用意するよりも、出先でいつでも出られる携帯電話の方が便利なので、電話を開業に際して新たに契約する必要はありません。
車があれば依頼先へ出かけることができますので、道具類なども車に入れておけば倉庫などを用意する必要もありません。
時間制で請け負うので売り上げ計算など難しくなく、スケジュールや経費の管理などの事務的な作業もわざわざ誰かを雇ったり場所を用意しなくても、自分で自宅で空いた時間に手軽にすることができます。
誰でも気軽に始められるのが何でも屋の良いところです。

何でも屋で独立するには?

何でも屋は開業にあたって大掛かりな設備投資が必要なく、少ない準備資金で独立開業できる業種です。
しかし商売として軌道に乗せるのは相当難しいです。
何でも屋はその名の通りどんな依頼にでも対応しなければなりません。
草むしりや引越しの助手など、難易度が高くない仕事もありますが、電気工事やパソコン修理など専門性の高い仕事があります。
基本的に依頼者が自力でできないと判断したことであり、作業を完成させるのが難しい仕事が多いです。
また、扱う分野があまりにも広く、一つ一つの仕事の専門性が高くありません。
そのため他社との差別化が難しく、集客を行うのが大変です。
ホームページで広告するのは当然ですし、一度利用したお客様をリピーターにできるかが成功の鍵になります。
実際に開業しても数年後に残っているのがごく一部であることから、飲食店と同じレベルの競争率が存在します。
しかし独立が可能な仕事であり、追加料金を取れるオプションなどを上手く提案できれば高い収入を得ることができます。